Aセクシャルとは?
asexual.jp(logo)Pre-opening:2002/9/1
Since:2003/3/20
asexual.jp > Aセクシャルとは?
トップページ:
現在管理人、長期入院・療養のため、更新等ができておりません。今しばらくお待ちくださいませ。

 Aセクシャルとは、について、世界的な動向と、日本独自に進化した部分に分けて解説して行きます。
 独自研究的な部分が含まれています。ご意見ご反論訂正等は、下記のメールアドレスにご連絡頂けますと幸いです(ソースを示して頂けますと幸いです)。
 なお、特別な断りが無い限りは、「Aセクシャル」「アセクシャル」「エイセクシャル」「Aセクシュアル」「アセクシュアル」「エイセクシュアル」は同一の意味で利用していると思って頂ければ大丈夫です。

簡単に(端的に)

 解説が長くなってしまいますので、端的にまとめてしまいます。詳細は、下の方をご覧ください。(端的にまとめていますので、出来る限り下をご覧ください。)
Aセクシャル=他人に対して性的魅力を感じないこと現在の世界的な動向です。)
 恋愛感情を感じるかどうかについて関係なく、「Aセクシャル」となります。
 恋愛感情を感じないAセクシャル=aromantic asexual(アロマンティック アセクシャル)
 恋愛感情を感じるAセクシャル=romantic asexual(ロマンティック アセクシャル)・・・という言葉で表されます。


<日本独自の動向>
 日本独自の傾向としては、
Aセクシャル=(狭義のAセクシャル)=他人に対して恋愛感情・性的魅力を感じないこと
ノンセクシャル=(広義のAセクシャル)=他人に対して恋愛感情を抱くが、性的魅力を感じないこと
と分類されています。
 当サイトのスタンスとしては、(昔から)「狭義のAセクシャル」「広義のAセクシャル」としたとおり、両方とも「Aセクシャル」として扱います。

↑ページトップへ

世界的な動向

 Aセクシャル(英語:Asexuality)は、世界的な動向としては、主にAセクシャルの世界的コミュニティでは最大である、AVEN(The Asexuality Visibility and Education Network)では、次のように定義されています。

"An asexual person is a person who does not experience sexual attraction."
(邦訳:Aセクシャルの人は、性的魅力(性的引きつけ感)を感じない人のことです。)

 つまり、「Aセクシャル」というと、他の人に対して、性的魅力・関心・欲求を感じるかどうかにおいて、性的魅力等を感じないこと、また他人との性的コミュニケーションを望まないことを指しています。
 他者に対して、性的な関心や欲求を抱かない性的指向をAセクシャルとしています。
 Aセクシャルの人(無性愛者)は、このように、他の人に対して、性的魅力等を感じない人・他者との性的コミュニケーションを望まない人のことを指しています。
 世界的な動向としては、日本独自の部分と異なり、他者に対して恋愛感情を抱くかどうかについては、言葉上の違いはありません。
 他人に「性的魅力」を感じないのが「Aセクシャル」ですが、恋愛感情について感じるかどうかは、別に言葉が定義されています。
 大きく分けると、恋愛感情を感じないAセクシャルが「アロマンティック アセクシャル(aromantic asexual)」、恋愛感情を感じるAセクシャルが「ロマンティック アセクシャル(romantic asexual)」と分かれています。
 恋愛感情の感情対象を前に付けて、「〜romantic asexual」(〜ロマンティック アセクシャル)という表現をしています。
(つまり、<恋愛感情の対象><性的魅力の対象>と2つに分けて考えています。)
などの表現がなされています。

↑ページトップへ

日本独自の動向

 日本においては、Aセクシャルについての定義等は、世界的な潮流とは異なった部分があります。
日本独自の部分について以下触れて行きたいと思います。

 日本では、恋愛感情の有無についても問われるかたちとなっており、さらに細分化されているかたちとなっています。
 日本独特の言葉の動きが出来た背景には、「恋愛感情を他人に対して抱くことがあるか」という視点が大きく見られます。
 海外の流れとしても、「恋愛感情を他人に対して抱くことがあるか」どうかで言語的な対立が見られたこともありますが、現在では、恋愛感情の有無にかかわらず、他者に対して性的魅力を感じるかどうかが主な視点となっています。日本では、「恋愛感情の有無」で用語がわかれたかたちになっています。
<参考>昔のasexual.jpでの、Aセクシャルの定義について(当時、狭義・広義の論争のあった頃です)
また、このあたりは、「日本でのAセクシャルの過去(別ページ)」で触れたいと思います。

↑ページトップへ

Aセクシャル、どう発音?

 Asexual(Aセクシャル・Aセクシュアル)の、「A」の部分をどう発音するか、ですが、

世界的な傾向=「Asexual」は、「エイセクシャル」「エイセクシュアル」と、「エイ」と発音するのが一般的です。
(例えば、Aセクシャルをテーマにしたフィルム、「(A)sexual」の中では、「エイセクシャル」と発音されています。その他の海外のAセクシャルをテーマにした映像作品などでも「エイセクシャル」と発音されています。)
 略としては、「ace」が使われる傾向があります。

日本の傾向=「Asexual」、日本では、「A」を「ア」と発音する傾向が強いです(「アセクシャル」「アセクシュアル」)。もちろん、「エイセクシャル」「エイセクシュアル」と発音する人もいて、発音についてぶれが見られます。
 また、頻繁に「アセク」「エイセク」と略されることが多いです。
 日本では、言葉の最初につく「ア」=いわゆる否定形だから、になった部分があるようです。
 2003年頃には「アセクシャル」と呼ばれることが多かった頃から、日本では当初から「アセクシャル」という言葉になっていたかたちです。(当時は「音声」で英語の発音を聞く機会がなかったため、発音が変わったと思われます。)(「アセク」という略し方もこの頃にはあります。)
 なお、「sexual」を「セクシャル」とするか、「セクシュアル」とするかは、他のセクシャリティ(セクシュアリティ)同様、発音・表記のゆれが見られます。

↑ページトップへ

他の言葉との違い

 Aセクシャルと似たような感じで用いられる言葉がありますが、その違いについてです。
↑ページトップへ